熱帯魚って、癒し系ですよね。 熱帯魚を眺めつつ、音楽を聴きながら仕事で使った頭をクールダウン。 哺乳類よりも飼いやすいのですが、生き物ですので病気とか注意しなければいけないこと、 結構あります。 すこしまとめてみました。

スポンサードリンク

熱帯魚を初めて飼う人の心構え

熱帯魚が病気にかかってしまうのは、飼育環境の悪さがほとんどの原因だと言われています。
また、新しい魚や水草を水槽に入れる時にも注意しておかないといけません。
もしも、新しい魚が病気にかかっていたり、水草に菌が付着していたら、もともと水槽にいた魚たちが病気にかかってしまいます。
熱帯魚の病気というのは、伝染するものであったり、進行が早いものであったり、死に至らせるものもあったりと厄介なものが多いです。
突然の病気に慌てることがないように、病気についてのことや薬の使い方をあらかじめある程度勉強しておくことも大切だと思います。
薬を使う場合には、魚の症状から病気を判断して、薬の注意事項などをしっかりと守って使いましょう。
熱帯魚を初めて飼う人は、事前に購入する魚の飼い方などをしっかりと調べて、また、一緒に飼えるものなども十分に調べてからにしましょう。

▲このページのトップへ

熱帯魚deぎょ!イメージ

携帯版のQRコード

熱帯魚deぎょ!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://seacoastmultimedia.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。